ポール・スプリットオフ Paul Splittorff ~カンザスのクラーク・ケント~

ブログ存続のための寄付を募集しております

Paul Splittorff (ポール・スプリットオフ)
(1946-2011)
Baseballer
Position:Pitcher

Batted/Threw:L/L
Height:190cm Weight:92kg

Stuts

あまりアメリカのアスリートらしくない地味な容貌である。どちらかというとスーツを着て銀行の窓口にでも座っている方が収まりが良さそうだ。

経歴も地味だ。ハイスクールでは無名の存在で、一応後輩には日本の西武ライオンズでプレーしたジョー・ブコビッチが居る。

大学はNCAAではなくNAIAの、しかもDiv.IIのモーニングサイド大。一際地味だが、ここで一定の活躍を見せたことから1968年に新設球団のカンザスシティ・ロイヤルズに指名された。しかし、順位は25巡目であった。

1970年にメジャーデビューを果たし、翌シーズン途中からローテーションに入ると、8勝9敗、防御率2.68の活躍で新人王投票5位につけ、さらに1973年には20勝11敗を記録してチーム史上初の20勝投手となり、思い切り派手に売り出したのだった。

190センチの長身から柄にもなく高々と右足を上げる豪快なフォームはいかにも速球派を思わせるが、実はそんなことはない。では何か凄い変化球があるかというと、これまたそういうわけでもない。

ではスプリットオフの武器は何かというと、いかにもそれらしく頭である。事前に対戦相手を念入りに研究してからマウンドに臨み、件のフォームでタイミングをずらしながら丁寧に投げ込んで打たせて取ろうというのだから、とりわけ左打者には嫌がられた。

その後も目立たないながらロイヤルズ投手陣に絶対不可欠な柱として長年ローテーションを守り続け、1975年は不調で9勝に終わったものの、1978年には19勝13敗の活躍でサイヤング賞投票で7位。押しも押されぬ球界を代表するピッチャーとなり、独特のフォームが日本でも漫画のネタになるなど、まさにピークの時期であった。

1980年には76年から3年連続で敗れていた宿敵ヤンキースをプレーオフでとうとう下し、悲願のワールドシリーズに進出。

翌年はシーズンを通じてローテーションを守ることができず、5勝5敗という過去最悪の成績に終わってしまったが、翌年からは復活して2年続けて2ケタ勝利。

ここまで十年以上に渡ってロイヤルズ投手陣の中心にあったスプリットオフだったが、寄る年波だけはどうしようもなかった。翌1984年シーズンは6試合で1勝3敗と完全に衰え、シーズン途中で現役引退を決意した。

とうとうオールスターに選ばれることなくユニフォームを脱いだが、15年ロイヤルズ一筋で積み重ねた392先発、2554.2投球回、166勝はいずれも現代に至るまで球団記録である。

引退後はロイヤルズ専属の解説者として自慢の頭脳をいかんなく発揮。その片手間にカレッジバスケットの解説者まで務めるマルチな活躍を見せていたが、2011年の5月16日にガンで世を去った。

選手として、解説者として、生涯ロイヤルズに不可欠だった男スプリットオフ、ロイヤルズの殿堂入りを果たしている。

コメント