ダレル・アームストロング Darrell Armstrong ~Worst Dunk~

ブログ存続のための寄付を募集しております

Darrell Armstrong(ダレル・アームストロング)
(1968-)
Basketballer
Position:Point Guard

Collage:Fayetteville State(Div.III)
Height:183cm Weight:77kg
Stuts

ノースカロライナの片田舎に生まれたアームストロングがバスケットを始めたのは高校に入ってから、それもフットボールの片手間のことであった。

脚力を活かしてキッカーとして活躍し、Div.IIのファイエットビル州立大へ進み、同大のレコードとなる48ヤードのFGを決めるなど活躍していたのだが、バスケットチームのHCに素質を見出されてバスケットに転向。こちらでも活躍を見せた。

とはいえDiv.IIではドラフトに掛かるはずもなく、卒業後は独立リーグでキャリアをスタートさせた。

毛糸工場でアルバイトをしたりと苦労を重ね、1993年にはヨーロッパはキプロスに渡り、当地でMVPを獲得。翌シーズンからはスペインでプレーし、1994-1995シーズンの最終盤にオーランド・マジックと契約。この時既に26歳であった。

シーズン最後の3試合で8分プレーし、小兵ながらもフットボール仕込みのクイックネスと豪快なダンクを武器に10得点を獲得。翌シーズン以降の契約を勝ち取った。

翌シーズンは13試合に出場し、得意のダンクを認められてスラムダンクコンテストに出場。背面ダンクを決めようとしたのだが、タイミングを誤ってレイアップになってしまうという珍プレーを見せてしまい、”史上最悪のダンク”としてスラムダンクコンテストの歴史に良くも悪くも名を残すことになってしまった。

スラムダンクコンテストで活躍した選手は出世するというジンクスがあるが、失敗もここまでいくと活躍の内ということになるらしく、翌シーズン以降は故障がちなアンファニー・ハーダウェイの控えとして確固たる地位を獲得。

1998-1999シーズンはロックアウトで50試合の短縮シーズンとなったが、アームストロングは全試合に出場し、13.8得点、6.7アシスト、2.2スティールの好成績をマーク。史上初めてMIPとシックスマン賞を同時受賞する快挙を達成した。

その後もチームになくてはならない存在としてマジックのバックコートを盛り立てていたのだが、契約最終年となる2003年のオフにナイトクラブで警官といざこざを起こして逮捕され、34歳という年齢と年俸もネックとなって再契約はならず、ニューオーリンズ・ホーネッツに移籍した。

だがこれはマジックの失敗だった。マジックはアームストロングの在籍した9年間負け越し無し、プレーオフ進出7回という安定した成績を残していたのだが、アームストロングを放出した途端大きく負け越してしまったのだ。

一方アームストロングはホーネッツでもシックスマンとして重用され、79試合に出場。翌2004-2005シーズン途中にダラス・マーベリックスへトレード。

マーベリックスでは試合前に贔屓にしていたワシントン・レッドスキンズが勝った事が嬉しく、勝手にアリーナのマイクを取って「レッドスキンズは凄いだろう!」と叫んで1000ドルの罰金を取られる事件を起こしている。こともあろうにレッドスキンズの相手はダラス・カウボーイズだったのだ。

ともあれマーベリックスでもプレイタイムは減ったものの、2005-2006シーズンには自身初のファイナルにも進出。

シーズン後アンソニー・ジョンソンとのトレードでインディアナ・ペイサーズへ移籍。更に翌シーズンはニュージャージー・ネッツへ移籍し、39歳のこのシーズンをもって引退した。苦労と遠回りを重ねながらのキャリアであった。

引退後はペイサーズ時代のHCだったリック・カーライルがマーベリックスのHCに就任するのに併せてアシスタントコーチに就任。2011年には現役時代にとうとう果たせなかったファイナル制覇を成し遂げ、現在に至るまでコーチを務めている。

コメント