ジャマール・チャールズ Jamaal Charles ~Run! Jamaal!~

ブログ存続のための寄付を募集しております

Jamaal Charles (ジャマール・チャールズ)
(1986-)
American Footballer
Position:Running Back
Collage: Texas
Height:180cm Weight:90kg

Stats

https://twitter.com/Chiefs/status/1149457216639926272

 学習障害を持って生まれたチャールズの少年時代困難なものであった。教科書を読むのさえままならず、馬鹿にされる日々。しかし、ある時チャールズは誰にも負けない才能に目覚めた。とんでもなく足が速かったのだ。

 10歳の時に知的発達障害者版のパラリンピックであるスペシャルオリンピックスに参加して金メダルを獲得。彼を馬鹿にする人間はいなくなった。

 ハイスクールではフットボールと陸上のスター選手として大いに幅を利かせ、2003年のユース世界選手権に参加して400mハードルで銅メダルを獲得。フットボールではオールテキサスに選ばれ、テキサス大学に進学した。

 大学でもフットボールと並行して陸上を続け、同大のトップランナーとして活躍。追い風参考ながら100mを9.76で走っている。

 フットボールの方でも1年目からQBビンス・ヤングのQBにあるまじき走りぶりの陰に隠れながらも11TDを記録し、ローズボウルを制して全米王座のタイトルを獲得。

 しかし、獲得ヤードは1000ヤードに届かず、チャールズは悩んだ末に陸上から身を引いてフットボール一本に絞ることを決意。

 2年目は振るわなかったが、3年目は前評判も高く、ファンブルが多いという欠点はあったが1619ヤードを走って18TDを獲得。紆余曲折あったがアーリーエントリーを決断し、2007年のドラフト3巡目でカンザスシティ・チーフスに進んだ。

 最初はラリー・ジョンソンの控えRB兼KRとしてのスタートだったが、2年目の途中からポジションを獲得。1120ヤード、7TDを走り、藍当たりの平均獲得ヤードはリーグトップの5.9ヤードをマーク。長い距離を稼げる有難いRBとして売り出した。

 このシーズンはKRTDを決めるとともに、17週目のデンバー・ブロンコス戦では驚異の獲得ヤード259ヤードをマーク。250ヤード超えは史上4人目の快挙であった。

 2010年はトーマス・ジョンソンとの併用体制だったが、1467ヤード、5TDを記録する一方で45レシーブで3TDを記録。平均ヤードは6.4ヤードに達し、これは時代が古く記録の信ぴょう性に疑問の残るジム・ブラウンの1963年に打ち立てたレコードに次ぐ次ぐ史上2位の大記録であった。

 ロングゲインが売りのチャールズだが、それ以上に特筆すべきはパスが捕れるRBであったことだ。このシーズン45レシーブで3TDを記録している。味方に居ると嬉しいが、敵に居るとこんな厄介な選手はいない。

 このシーズン途中に5年3250万ドルの契約を結んだが、2011年シーズンは2週目で右ひざの靭帯を故障し、そのままシーズンを終えた。

 翌シーズンは万全の状態に仕上げて臨み、ランで1509ヤード、5TD、パスで35レシーブ、1TDの活躍でプロボウルへ返り咲き、2回目の1試合200ヤードランを達成し。これは他にエイドリアン・ピーターソンが達成したのみのNFLレコードである。

 爆発力満点のチャールズの真骨頂は2013年シーズンであった。1961年にアブナー・ヘインズが達成して以来の1試合5TDという快挙を達成するなど絶好調で、ランで1287ヤード、リーグトップの12TD、パスで70レシーブ、7TDという大暴れで2度目のオールプロに選出。

 オフには2年1810万ドルで契約を更新し、2014年シーズンはプリースト・ホームズが打ち立てた6070ラッシングヤードのチームレコードを更新。4度目のプロボウルに選ばれた。

 しかし、チャールズは頑張り過ぎた。2015年に再び靭帯を切って戦線を離脱するとそのままシーズンを欠場。翌シーズンも3試合に出場したのみで怪我は尾を引き、解雇されてデンバー・ブロンコスに移籍した。

 ブロンコスではパスの方はそれなりに元気だったが、肝心のランは衰え著しく、1シーズンしか持たず解雇。

 2018年はジャクソンビル・ジャガーズと契約したが、試合出場もおぼつかないほどに衰え、開幕直後にカット。オフにチーフスと1日契約を結び、これを花道に現役を引退した。

 障害を持って生まれたことから現役時代からチャリティーに熱心で、スペシャルオリンピックスの後援も行うなど、心優しいこの男が弱かったチーフスを、アレックス・スミスを陰から支えていた。キャリア通じてのラン平均獲得ヤード5.4はRBとしては史上最高のNFLレコードである。

コメント