リッチ・スーター Rich Sutter ~Sutter Family No.6~

Ron Sutter(ロン・スーター)
(1963-)
Hockey player
Position:Center
Shot:Right
Height:183cm Weight:81kg

Relatives:
Brian Sutter (ブライアン・スーター) (兄)
Darryl Sutter (ダリル・スーター) (兄)
Duane Sutter (デュエイン・スーター) (兄)
Brent Sutter (ブレント・スーター) (兄)
Ron Sutter (ロン・スーター) (兄)

Brody Sutter (ブロディ・スーター) (甥)
Brett Sutter (ブレット・スーター) (甥)
Brandon Sutter (ブランドン・スーター) (甥)

Stats

 スーター兄弟の双子の末息子の片割れ、リッチは兄のロンと一緒にジュニアリーグで鳴らし、1982年に全体10位でピッツバーグ・ペンギンズに指名された。

 同年早くもデビューしたが、翌シーズン開幕直後にフィラデルフィア・フライヤーズにトレード。全体4位でフライヤーズに指名されていたロンと世にも珍しい双子のコンビが実現した。

 同シーズン75試合に出場して16ゴール28ポイントを獲得。地味ながらも守備的forwardとして着実に地位を築いていくのだった。

 双子となると相手は取り違える事もあっただろう。これは厄介だ。だが、そのコンビも1985-1986シーズン終了後にバンクーバー・カナックスにトレードされたことで一旦幕を閉じた。

 カナックスでキャリアハイを迎え、ハットトリックも記録。兄たちが一人ずつリンクを去っていく中、若いリッチとロンの兄弟はスーター兄弟というNHLの名物の看板を守り続けた。

 1989-1990シーズン途中にスーター兄弟お馴染みのセントルイス・ブルースに移籍。流石にセントルイスではスーター兄弟の人気は高く、1990-1991シーズンにはセルケトロフィーに票が入っている。

 1993-1994シーズンはウェイバーでシカゴ・ブラックホークスへ移籍。しかし、このシーズンが最後の輝きとなった。

 翌シーズン途中にタンパベイ・ライトニング、さらにシーズントロント・メープルリーフスにトレード。このシーズンを持ってロンより一足早く現役を退いた。

 リッチのキャリアは兄弟の仲では地味な方だが口が上手く、解説者として手腕を発揮。局を転々としながら現在に至るまでマイクを手に頑張っている。

コメント